2018年11月18日 (日)

2018/11/17 UT の金星

早起きすると金星が見えます。

内合すぎでまだまだ大きい。
061337_lapl4_ap16

2018年11月 1日 (木)

2018木星観測のまとめ

今年の木星観測の状況のまとめです。

モータードライブ不調で出遅れましたが、
1月20日から10月21日までの103日間の205画像を報告しました。
2018_jupiter_obs_3
こうしてみると、朝方のから夕方の観測体制への移行期間が悩ましいものです。
仕事と観測の両立、体力もきちんと維持せねばなりません。
このグラフを見て、この季節はどういう生活をしていたんだ?
と思い出せない期間もあります。
来シーズンはもう少し自分の生活パターンをこのブログに残そうかと思う、
もうすぐ木星の合を迎える今日この頃です。

2018年10月25日 (木)

2018/10/24 UT の火星

晴れ間が多くなってきました。

満月を撮ろうと思ったのですが、
この後雲が多くなってしまいました。
小さくなっていく火星です。
20181024_2

2018年10月23日 (火)

2018/10/21 UT の木星(今シーズン最後?)

薄明中、高度約10度で10分ほどでお向かいさんの屋根に隠れました。

この秋、初めてともいえる秋晴れの快晴。
これがシーズン最後の木星像になりそうです。
20181021

2018年10月 9日 (火)

2018/10/09 UT の火星

ずいぶんと火星は小さく、欠けてしましましたが、

表面模様は逆に濃くなってきました。
木星を撮りたかったのですが、
雲と悪気流に阻まれました。
20181009

2018年10月 7日 (日)

2018/10/07 UT の木星

台風25号崩れの温帯低気圧が北海道を抜けて、

関東地方は異常高温となりました。
撮影時間を延長できるところまで赤道儀のピラーを移動して、
なんとか1セット撮影できました。
イオ本体もあるのですが、よくわかりません。
イオの影がよくわかります。
20181007

2018/10/06 UT の木星

木星観測もあとわずかになりました。

今日の撮像では、初めてすぐにお向かいさんの屋根に隠れてしまいました。
これではいけません。明日は望遠鏡の設置場所を変えねば。
20181006

2018年9月29日 (土)

2018/09/28 UT の木星

合(11/26)まで2か月を切りました。

このところ天気に恵まれませんでしたが、
台風前の一時的な快晴で大赤斑を見ることができました。
20180928

2018年9月 6日 (木)

2018/09/06 北海道地震

訂正 正断層 逆断層~垂直断層に近い。

極めて広範囲の停電の原因はなんだろう。
2018_09_06qw_2
6時11分の地震は典型的な逆断層
2018_09_06qw2

2018年9月 5日 (水)

2018/09/05 UT の木星(台風明けの劣悪シーイング)

上空の風が強烈で、気流状態がまさに劣悪でした。

とはいえ、この時期(シーズン終盤)なのでのっけます。

20180905

2018年9月 4日 (火)

2018/09/04 JST の大阪の潮位

台風21号の影響で大阪の潮位が過去最高となりました。

平常時よりも2.7m超えました。(気象庁より)
2018_09_04_oosaka

2018/09/03 UT の火星

一時的に良く晴れました。

透明度は今一歩ですが、ダストストームも晴れつつあり模様もよく見えます。
大接近の頃と比べるとずいぶん小さくなったものです。

20180903_mars

2018年9月 3日 (月)

2018/09/03 UT の木星(200枚目)

今シーズンは1月から撮影を始めました。

当初、赤道儀のモータードライブが故障してしまい、てこづりました。
今日は台風接近直前のわずかな晴れ間でなんとか1画像を得ました。
今シーズン200枚目です。
ここのところ晴れ間がなくて久しぶりでございます。
20180903

2018年8月27日 (月)

2018/08/26 UT の木星(BA~STB-tail)

1枚目あたりはシーイングもよいのですが、

さすがに低空になるとメラメラになります。
20180826

2018年8月26日 (日)

2018/08/25 UT の木星(SEB前方)

今年は本当に暑い!です。

酷暑・熱帯夜となり、木星も低空ながらそれなりのシーイングで
大赤斑前方が見えています。

20180825

2018年8月23日 (木)

2018/08/22 UT の木星(衛星の影2つ)

ガニメデとイオの影が通過中。

特にガニメデの影は楕円形です。
台風の影響で透明度良好で、
薄明中の早い時間から撮影してみました。
20180822

2018年8月19日 (日)

2018/08/19 UT の木星(STB-tail)

昼間から高層雲が卓越していたのですが、

日没時間帯に一時的に晴れて、慌てて撮影しました。
STB-tai.lの後端領域です。

20180819

2018/08/18 UT の火星

透明度、気流状態ともに一時的に安定しました。

眼で見ても一見して模様が分かるようになってきました。
砂嵐が収まってきたようです。

20180818mars

2018年8月18日 (土)

2018/08/18 UT の土星

薄雲の影響が少なくなった時間帯でした。

極域のもやもやがあるように見えます。

20180818_2

2018/08/18 UT の木星(大赤斑)

久しぶりの大赤斑でございます。

1枚目は高層の薄雲と低空の雲に阻まれながら、
2枚目はそれらが取れたのと安定したシーイングでした。
木星にはやはり大赤斑ですね。

20180818

«2018/08/17 UT の木星(ぼけぼけ)

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ