2018年8月19日 (日)

2018/08/19 UT の木星(STB-tail)

昼間から高層雲が卓越していたのですが、

日没時間帯に一時的に晴れて、慌てて撮影しました。
STB-tai.lの後端領域です。

20180819

2018/08/18 UT の火星

透明度、気流状態ともに一時的に安定しました。

眼で見ても一見して模様が分かるようになってきました。
砂嵐が収まってきたようです。

20180818mars

2018年8月18日 (土)

2018/08/18 UT の土星

薄雲の影響が少なくなった時間帯でした。

極域のもやもやがあるように見えます。

20180818_2

2018/08/18 UT の木星(大赤斑)

久しぶりの大赤斑でございます。

1枚目は高層の薄雲と低空の雲に阻まれながら、
2枚目はそれらが取れたのと安定したシーイングでした。
木星にはやはり大赤斑ですね。

20180818

2018/08/17 UT の木星(ぼけぼけ)

冬型のような気圧配置で、一気に空気が涼しくなりました。

北風が非常に強く、シーイングはおそらく高層領域でメラメラでした。
明日に期待、です。

20180817

2018年8月15日 (水)

2018/08/15 UT の木星(撮れただけの悪気流)

日本が第二次世界大戦で敗戦した日です。

多彩な雲がきれいでしたが、
気流状態は全くだめでした。
20180815

2018/08/14 UT の火星

高層の薄雲があったのですが、

移動した時間でなんとか撮れました。
20180814_mars

2018年8月14日 (火)

2018/08/14 UT の木星(BA後方)

不安定な天気が続いていますが、

今日は久しぶりの晴天が一時的に広がったので
ムリを承知で3枚撮影しました。
さすがに低空の3枚目は気流状態メラメラで解像度が低いです。
20180814

2018年8月10日 (金)

2018/08/09 UT の木星(メタメタ)

動きの遅い妙な台風のおかげで、

天文部の合宿が中止になりました。
予想よりも雨も少なく、
雲間からはちらりと見えたのでだめもとで撮影。
やはりだめもとでした。
20180809

2018年8月 5日 (日)

2018・08・05UT の木星

シーイングがよくありません。

1枚目あたりは地面の熱によるぼわぼわ、
2枚目あたりは低空によるメラメラとした気流が強かったです。
明日以降の台風13号の進路が気になります。
20180805

2018/08/04 UT の火星

木星撮像後、仮眠のつもりがすでに南中を大きく過ぎてしまいました。

透明度の悪さでただでさえ赤い火星がさらに赤くなり、
色調補正に時間をとられました。
衝を過ぎてすでに右側には影が見えます。
20180804_mars_2

2018/08/04 UT の木星(大赤斑~BA)

来週に顧問をしている天文部の長野遠征合宿があるのですが、

台風の進路とタイミングが今のところ最悪です。
なんとかならぬか・・・
昨日は雷雨で殺人的な酷暑から少し気温が下がりました。
そして今日は晴れました!
のですが、透明度が低くいつもの倍の露出です。
この2枚撮像ペースがどこまで維持できるでしょうか。

20180804

2018年8月 1日 (水)

2018/08/01 UT の木星(大赤斑)

暑いです。

地面も電信柱も、撮影時に触ると熱いです。
大赤斑が見えていたので薄明中から撮影しました。
3枚目を目論んでいたのですが、雲で撤退したので、
さっさとアップします。
20180801

2018/07/31 UTの 火星(大接近の日)

今回の火星大接近の報道ぶりはとてもささやかでした。

大砂嵐が起きてしまい、表面模様はほとんど見えませんが、
少しずつ晴れつつあるような感じです。
20180731_mars
ところで2年後の2020年の接近も今年とそれほど変わらないのに、
なぜか次は17年後!などと国立天文台副台長がラジオで述べていたのは
いかがなものかと思いました。

2018/07/31 UT の木星(快晴の夏空下)

西向きの台風が九州にまだいます。

関東は雲一つない夏空、正直きついです。
地面は熱を帯び、気流もいまいちです。

20180731

2018年7月31日 (火)

2018/07/30 UT の木星(RS~BA)

夕方になると晴れます。海風から陸風に変わるタイミングなのでしょうか?

今日の木星は今シーズン最良のシーイングだと思います。20180730
銀座通り(RS~BA)の2枚です。

2018年7月30日 (月)

2018/07/29 UT の火星

昨日(2018/07/28UT)に衝を迎えた火星です。久しぶりです。

ダストストームの影響で模様は確かに薄いのですが、
おぼろげに模様が見えています。
20180729_mars

2018/07/29 UT の土星

続いて土星です。

このあたりの時間が最良のシーイングでした。
これまでで一番よく写ったかもしれません。

20180729_sat

2018/07/29 UT の木星(この時期にして3枚)

台風が過ぎ去った台風ですが、

翌日の今日は、
夕方の見始め(19時半ころ)はそれは劣悪な気流状態で撮影する気になりませんでした。
ところが、その後は時間を追って気流が安定してきました。
なので、この時期としては珍しく3枚撮影して大赤斑までです。
3枚目の地平高度は17-8°程度のいつもなら決して撮影しない高さです。

20180729

2018年7月27日 (金)

2018/07/26 UT の木星(台風前の晴れ間)

明日台風が接近する予報ですが、

意外にも日没後にスカっと晴れました。
あまりに急に晴れたので気流が強いかと思いきや、
安定したシーイングでした。

20180726

«2018/07/24 UT の木星(曇りがち)

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ