« 木星を横切るかげろう | トップページ | 2018/05/21 UT の木星 (STrDとAWOの接近) »

2018年5月21日 (月)

緯度による自転周期の違い

木星の自転周期はおよそ9時間55分。

実際には雲なので緯度により大きく違っていて、
たとえば赤道付近は9時間50分ほどです。
5分というと少しと思われますが、例えば50時間(5回自転)の変化は以下のようになります。
20180514_16

南北赤道縞に挟まれた部分が大きく左に進んでいるのがわかります。
つまりこの部分が自転周期の早い部分です。

« 木星を横切るかげろう | トップページ | 2018/05/21 UT の木星 (STrDとAWOの接近) »

木星」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緯度による自転周期の違い:

« 木星を横切るかげろう | トップページ | 2018/05/21 UT の木星 (STrDとAWOの接近) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ