木星

2019年4月20日 (土)

2019/04/19 UT の木星

今年はとにかく木星の南中高度が低いのです。

春の気流も目まぐるしく変わり、

南中前後だけ安定した時間帯がありました。

腰の据わった高気圧は来ないかな~


20190419

2019年4月17日 (水)

2019/04/16 UT の木星(薄雲越し)

ぼわーんとした薄雲が全天を覆っていました。

おぼろ木星という状況で露出時間、ゲイン(増幅度)共に大幅に上げて撮影。

シーイングもいまいちでぼわーんとしたイメージです。

 

201904161923_3

2019年4月16日 (火)

2019/04/15 UT の木星(大赤斑)

北風強く、気流がよくありませんが日の出前に少し改善しました。

大赤斑のすぐ右側に不思議な形のアーチが伸びています。

右下の「えぐれ」はガニメデの影です。

201904151953_5  

2019年4月13日 (土)

2019/04/12 UT の木星(白斑BA)

ようやく安定した天気がやってまいりました。

白斑BA(2枚目の中央上部)の輪郭が細く写りました。

NEBs(北赤道縞の北側;中央下の太い縞の下側の縁)に

細かいうねりがたくさん見えます。

20190412

今日からカメラが新しくなりました。

といっても、ほとんど素性が変わらないZWO ASI385MCです。

これまでのASI224MCの輝点(ホットピクセル)が増えてきたためです。

多少、元画像がなめらかになったような気もしますが、

ほとんど変わらないかもしれません。

画面サイズが大きくなったので、導入が少し楽になりました。

 

 

 

 

2019年4月 7日 (日)

2019/04/06 UT の木星(大赤斑後方)

黄砂の影響なのか、透明度が非常に悪く、しかも赤味のかかった状態です。

こういうときにはシーイングに期待がもてるのですが、

そうでもありませんでした(^^;

気温が高くなってきて撮影もずいぶんと楽になりました。

20190406

 

 

2019年3月25日 (月)

2019/03/24 UT の木星(白斑BAと大赤斑)

雲が多く、動きも鈍いので結局1ショットのみです。
ここのところ似たような景色(白斑BAと大赤斑)が続いています。

201903241959_5

2019年3月20日 (水)

2019/03/19 UT の木星(白斑BA~大赤斑)

前回よりも若干気流状態は悪化しましたが、
それよりも以前の状態から比べれば春の高気圧下ののんびりとした感じです。
20190319

一番下の画像と2日前の画像を比べるといろいろな模様の変化が分かるのではないでしょうか。

201903171858_2

2019年3月18日 (月)

2019/03/17 UT の木星(良気流下の大赤斑!)

今シーズンようやく素晴らしい気流に出会いました。

さらに、ちょうど大赤斑が出てきてから中央にやってくるまでのタイミングでした。
こうでなくてはいけません。

20190317_3

2019年3月17日 (日)

2019/03/16 UT の木星

天気予報よりも南天の雲が多かった。

雲間から見えたイメージは良かったのですが、
ようやく雲が取れたときにはやや気流の乱れが増しました。
なかなか良い条件とはなりません。
20190316

2019年3月15日 (金)

2019/03/14 UT の木星(白斑BA)

朝5時台に晴れました。

白斑BAと衛星エウロパが見えています。
エウロパは1枚目にも見えているはずなのですが、
リム近くの周辺減光により2枚目では明確に見えます。
20190314

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ