土星

2019年10月 2日 (水)

2019/10/02 UT の木星と土星さん

木星シーズンもあとわずかです。

今日は西に傾いた木星も、土星さんもこの時期としては良気流に恵まれました。

まずは木星は大赤斑が顔を出したところでした。

 

20191002

続いて、土星さん。

環に落とす本体の影がずいぶんと幅広になりました。

201910021017_8

 

あと何日こんな天気があるでしょう・・。

 

 

 

 

2019年9月16日 (月)

2019/09/16 UT の木星と土星(風雨の後の快晴)

千葉の停電・断水が続いています。

今朝はその房総半島の風雨が強まり、こちらも北風の風雨でした。

が、午後6時になったらなんと、快晴に向かっているじゃないですか。

できることをやる、ということでびしょびしょのカバーを外して望遠鏡をセット。

 

木星から。透明度良好、シーイングもひどくないです。

20190916

続いて、土星さん。

201909161037_8

 

2019年9月 7日 (土)

2019/09/07 UT の土星

木星の引き続き土星も撮れてしまいました。

少し雲が増えてきましたが、昨日同様の、平安な土星面です。

 

201909071144_0

2019/09/06 UT の土星

真夏の空、透明度が最高でした。

シーイングもよく、コントラストが高く、微妙な色も出ました。

本体が環に落とす影が見えます。

 

201909061201_1

2019年9月 3日 (火)

2019/09/02 の土星

晴天が戻ってきましたが、

昼間の直射日光の熱が地面に残っていて、

シーイングが良くありません。

土星面はとても静かで、大きな変化は見られません。

 

201909021111_1

2019年8月10日 (土)

2019/08/10 UT の土星

透明度最高でしたが、気流状態はあまりよくありません。

1週間前とくらべて特段の変化はありませんでした。

201908101309_7_20190810225501

2019年8月 4日 (日)

2019/08/03 UT の土星さん

シーイングはいまいちでしたが、土星さんです。

大きな変化は無いように見えます。

201908031423_8

2019年7月18日 (木)

2019/07/17 UT の土星

木星のあと、衝を少し過ぎた土星です。

衝のころに環が明るく輝く(輪を構成する微粒子の影がなくなるため)のですが、

すでにピークは過ぎてしまいました。

201907171440_2

2018年8月18日 (土)

2018/08/18 UT の土星

薄雲の影響が少なくなった時間帯でした。

極域のもやもやがあるように見えます。

20180818_2

2018年7月30日 (月)

2018/07/29 UT の土星

続いて土星です。

このあたりの時間が最良のシーイングでした。
これまでで一番よく写ったかもしれません。

20180729_sat
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ